遺産漏れがあった場合の対応

遺産分割協議がやっと終わったのに、今になって相続財産が見つかった…。話し合いも終わったし、こんな時どうしたらいいんだろう?

遺産分割協議の後に財産が見つかることもよくあります。その時の対処のポイントを説明していきますね!

知っておきたいポイントは大きく分けて2つ

1)相続財産全体の中において重要な物か重要じゃないかで対応が変わる
2)そういう時のためにやっておくべき事前準備

1)相続財産全体の中において重要な物か重要じゃないかで対応が変わる

重要でない物の場合
基本的に、新たに見つかった財産に対して新たな遺産分割協議を行えます。
ただし、相続人全員が合意した場合は、全ての相続財産について遺産分割協議をやり直すことは可能です。

重要な物の場合
この場合は、その財産のみに対して遺産分割協議が出来ない場合があります。
つまり、最初の段階でその財産があると知っていた場合、協議の内容が変わるような重要なものに関しては、やり直しができますよ!ってものですね。
ただし、こちらも相続人全員が合意した場合は、新たに発見された財産のみで協議を行うことが出来ます。

つまり…
相続人全員が納得しているか が重要視されてるってことですね!!

2)そういう時のためにやっておくべき事前準備

遺産分割協議書に決定事項を作っておく
新たな相続遺産が見つかった時に備えて、
「本協議書にない遺産が見つかった際にはAさんが相続、継承する」といった内容を記載しておくことです。

この場合は規定に従って、新たな財産を分割することになります。

結局のところ、重要であっても重要じゃなくても再度遺産分割協議を行わなければならず、面倒ですよね…。
残された家族の負担を減らすためにも、押さえておきましょう。


遺言書制作代行のお問い合わせはコチラ


◆遺言書の書き方がわからない

◆相続対策の相談がしたい

などのお問い合わせは、下記のボタンをクリック