借金がある場合はどうなるの?

借金がある場合の相続はどうなるの??

借金があるんだけど、その場合はどうなるの?

借金やローンなどマイナスの財産もプラスの財産同様、法定相続分と同じ割合で相続されてしまいます。

 

例えば300万円の借金があり、 子供が3人の場合は法定相続分通りそれぞれ100万円ずつ借金が相続されます。

        

指定した人に借金を相続させられる?

遺言書に借金の相続人も指定が出来るの?

借金は基本的に特定の人だけに相続させることは出来ません。ただしその内容を遺言書に記載することは出来ます。

 

どうしても特定の人に借金を相続させたい場合は、
借金と同時にそれ相応の財産もプラスして相続させる内容も合わせて遺言書に書いておきましょう。

 

注意点としては、
プラスの財産を同時に相続させたとしても、判断は相続人に委ねられ、
プラスの財産とマイナスの財産を天秤にかけて、相続人が放棄する可能性があることは頭に入れておきましょう!

借金での相続トラブルを避けるには

借金の相続のことで家族に迷惑をかけたくないんだけどどうすればいいかな?

ご家族に迷惑をかけたくないですねよ!借金に関しても相続トラブルの原因になる可能性があります。
通常の財産同様、生前に対策をしておきましょう!

 

対策としては、
・借金と一緒にその分プラスの財産も相続させる。
・遺言書にどの財産から返済するか指示しておく。
・生きている内になるべく返済しておく。

 

いずれにしても借金の存在は予め家族に明かしておきましょう!


遺言書制作代行のお問い合わせはコチラ


◆遺言書の書き方がわからない

◆相続対策の相談がしたい

などのお問い合わせは、下記のボタンをクリック