準備1:自分の財産を知ろう

まずは自分の財産を把握するところから行っていきましょう!

財産を把握するのは分かるんだけど、どうやってやっていけばいいの?

いきなり財産を把握しようと思っても難しいですよね。
では説明もしながら一緒に行っていきましょう!

 

財産をリスト化しよう

引っ越しをする前にまずは、片付けから始めていきます。

ここでいう片付けとは、

 

財産のリスト化

 

です。

 

引っ越ししようにも、そもそもいまどのくらい財産があるのかを知らないといけません。

財産を把握して、管理しやすいようにリスト化しましょう。

財産リストのダウンロード

財産リストを作成したのでこちらからダウンロードしてください。

♦パソコンで管理したい人はこちら

♦紙で管理したい人はこちら

財産リストの準備ができたら下記の流れに沿って財産リストを埋めていきましょう。

 

預金口座のリスト作成

預金通帳を用意しましょう

通帳を用意する時は、記帳を忘れずにしておいてくださいね。

それと、配偶者と共同の口座などあなたが得た収入がある口座も用意してください。

下図のように、口座情報を入力していきましょう。

普段使ってるもの以外にも銀行口座はありませんか?

一定期間取引がない場合は、口座は無くなりそこにあったお金は国にものになってしまうので注意しましょう。

 

有価証券口座リスト作成

取引残高報告書を用意しましょう

お預り残高等の明細』をチェックしてください。

そこに有価証券ごとに情報が記載されています。

それを見ながら下図のように入力していきましょう。

 

 

土地リスト作成

評価額は、路線価または不動産の評価証明書を参照してください。

市街地は路線価方式、それ以外は倍率方式で評価します。市街地の場合は、路線価図が税務署や市区町村役場などで

閲覧できます。

ネットから閲覧することもできます。

路線価図
http://www.rosenka.nta.go.jp/

 

土地の形状によって、路線価に一定の補正率をかける必要があります。

倍率方式は、市区町村役場の固定資産税課で評価倍率表により確認できます。

建物リスト作成


固定資産税の納付書に記載されている固定資産税評価額を参照

 

固定資産税評価額で評価します。

都道府県の税事務所や市区町村役場の固定資産税課で確認できます。

 

その他の財産リスト作成

生命保険リスト作成

生命保険会社から受け取った、保険証券を用意しましょう。

相続に関する保険なので、死亡時に発生する保険のみで大丈夫です。

 

債務リスト作成

 

準備2:「相続しやすいように整理整頓しよう」へ進む


遺言書制作代行のお問い合わせはコチラ


◆遺言書の書き方がわからない

◆相続対策の相談がしたい

などのお問い合わせは、下記のボタンをクリック