ステップ1:遺言書を書く練習をしよう!

遺言書を書く準備は必要?

遺言書を書くときに準備って必要なの?

もちろんです!準備をしておくことで遺言書の作成時間や質がまるで違ってきます!
料理の際の下処理と同じような感覚ですね!

遺言書を作成する際には必ず遺言書の練習(下書き)をしておきましょう!

遺言書の準備なしに書いてしまったことで、
「あの人の相続はやっぱり○○円にしよう」
「あの内容も書いておけばよかった…」
「住所が間違っていた」
など何度も書き直すことになり結果的に準備をする何倍もの時間が余計にかかってしまうこともよくある話です。
人によっては「もういいや!」と書くのを辞めてしまうことも。

 

遺言書をいきなり書き始めることは、料理で例えると、

材料も切っていないのに、フライパンに火をかけるようなもので、その後で都度野菜の皮をむいたり、お肉を切ったりなど下処理をするようなものです。

事前に何を作るか(遺言書を書く)は決まっているので、あらかじめ必要な作業は終わらせておきましょう!

遺言書の準備の方法

遺言書の準備って具体的に何をするの?

当然の疑問ですよね!遺言書の準備については無料遺言キットが便利です!キットを使って遺言書を書く準備・練習をしてみましょう!

ステップ1では、無料遺言キットを使って、「誰に」「何を」「どのくらい」相続させるのか明確にし、遺言書を書く練習をします。

練習の仕方は、無料遺言キットをダウンロードして、あとは説明通りに書き進めていけば下書きは終わります。

(無料キットダウンロードボタン)

練習が終われば法的効力があるように清書すれば遺言書の完成です。

スムーズに書く為にも必要書類を揃える

よりスムーズに進める為にも戸籍謄本などの書類は準備しておいた方がいいでしょう。

相続人の名前や住所など誤った内容を書くと、遺言書が無効になり相続出来ない可能性があるためです。

準備するもの

・戸籍謄本、住民票
・不動産の登記簿謄本
・財産目録(相続するぞ!のところで作成たもの)

練習が終われば、次に清書に移りましょう!

ステップ2:遺言書の清書にすすむ


遺言書制作代行のお問い合わせはコチラ


◆遺言書の書き方がわからない

◆相続対策の相談がしたい

などのお問い合わせは、下記のボタンをクリック