故人の預金口座が凍結して、お金が引き出せない!その理由とは

私が亡くなったら口座にあるお金はどうなるんだ?子どもたちがお金に困らないようにすぐ相続してあげたいのだが。

もし、あなたが亡くなってしまった場合、預金口座は凍結されて、お金が引き出せなくなります!

それは困るな、、葬式とかあるのに。なんでお金が引き出せなくなるんだ?

もちろん、これには大きな理由があります。まず理解しておかなければいけないのは、あなたが亡くなると、そのお金は家族みんなの共有物になるということです。

 

もし預金口座が凍結されなかったら、、、?

預金口座を凍結するのには理由があります。

凍結しなければ、トラブルが発生する可能性があるからです。

 

例えばこんなことがあったとしたらどうでしょうか。

まず、あなたが亡くなって、娘さんがお金を引き出しに来たとします。

 

無事引き出すことができましたね。

ここまでは良かったのですが、、

 

次の日に、息子さんが銀行を訪れてこう言いました。

父が亡くなったので、預金を引き出してください。」

ですが、もうそこには父のお金はもうありません。

こうなってしまったら、銀行側も責任をとらないといけなくなります。。

他人の財産を勝手に渡してしまったことになりますからね。

 

もしかすると、お金をもって逃亡する人もいるかもしれません。

このように口座を凍結しないとドラブルの原因になるのです。

 

預金口座はいつ凍結される?

あなたが亡くなったら口座は凍結されると言いましたが、役所に死亡届を出したからといって、凍結されるわけではありません。

銀行が名義人の死亡を知ったときに凍結されます。

 

ということは、そのまま死亡を知らせなければ、口座は使用可能のままになってしまいます。

暗証番号などが知られてしまったら、誰でもお金を引き出すことができて大変なことなります。。

 

なので、その時は、家族にあなたが亡くなったことを銀行へ伝えて「銀行口座の凍結」手続きをしてもらうようにお願いしておきましょう。

もし、凍結手続きをしなければ、先程も言ったようなトラブルの原因になりかねます。

 

お金を引き出すための必要な書類

凍結された口座からお金を引き出すことはできます。

そのためには、金融機関へ書類を提出する必要があります。

 

♦被相続人の戸籍謄本

♦相続人の戸籍謄本

♦被相続人と相続人の住民票か戸籍の附票

♦相続人の印鑑登録証明書

 

これらの書類を用意すれば、凍結された預金口座からお金を引き出すことができます。

家族にもしっかりと伝えておきましょう。

 

まとめ

あなたが亡くなった場合の財産は、家族の共有物であり、遺産分割の対象になります。

トラブルはあなたが亡くなってから起こることばかりです。

そうならないためにも、家族とは今のうちから相続のことについてお話しておきましょう。

あなた自身が、相続の準備を進めておくことが家族のトラブルを防ぐ第一歩となります。

 

「相続の準備」はコチラから

 


遺言書制作代行のお問い合わせはコチラ


◆遺言書の書き方がわからない

◆相続対策の相談がしたい

などのお問い合わせは、下記のボタンをクリック