2億円の遺産相続でも、相続税が0円に!?「配偶者控除とは」

配偶者控除とは?

配偶者控除使えば、かなり相続税を抑えられると聞いたんだが、本当かい?

はい!本当です!うまく使えば2億円くらいの遺産であれば0円にすることもできます!

そんなにも!?もう少し詳しく教えてくれんか!

もちろん!

これを知らないと損するのでしっかりと覚えておいてくださいね!

 

 

配偶者は今まで夫婦で一緒に資産を築いてきました。

その資産に高い額の税金がかかると、老後の資金が不安になります。

それに、もし仮にその配偶者もすぐに亡くなってしまった場合、短期間で2回も同じ財産に税金がかかることになります。

それを防ぐために、配偶者控除があります。(正しくは「配偶者の税額の軽減」)

 

①1億6000万円の控除もっている

配偶者へ相続をする場合、なんと1億6000万円までなら税金はかかりません!という制度です。

ただしあくまでも、配偶者へ相続した遺産にだけ適応されます。

仮に、遺産が1億円あったとして、それを全部配偶者へ相続すれば、相続税は0円になります。

 

②どれだけあっても半分まで無税

先程も話しましたが、夫婦の財産は2人で築いたものという考え方になっています。

なので、一緒に築いた財産の半分(法定相続分)までは税金はかからないという制度です。

(もし、法定相続分が1億6000万円以下なら①が適応されます。)

 

なので、10億円の遺産があっても、その半分の5億円までは非課税となるのです。

 

基礎控除とは別枠で受けることができる

配偶者控除は基礎控除とは別なので、合計すると約2億円を配偶者へ相続しても相続税はかからないようになっています。

まずは基礎控除の計算をして相続税がかかるか確認してから、配偶者控除を考えましょう。

 

遺産分割協議書が必要

配偶者控除を受けるには申告をします。

配偶者控除は、配偶者に相続した遺産のみに適応されるので、

配偶者がどのくらい遺産を相続したのかの証明書類が必要になります。

なので、配偶者控除を受ける場合は、それまでに遺産分割をしっかり終わらせておきましょう。

税金がかからない場合でも申告は必要ですが、仮に申告しなかったとしてもあとからペナルティーなどが発生することはありません。

 

まとめ

配偶者控除はとてもありがたい制度です。

基礎控除の計算が終わったら、まず配偶者控除を考えてみると良いかもしれません。

配偶者控除を知った上で、遺産分割協議ができれば、多くの財産を手元に残すことこともできますね。

是非活用してみてください。

 


遺言書制作代行のお問い合わせはコチラ


◆遺言書の書き方がわからない

◆相続対策の相談がしたい

などのお問い合わせは、下記のボタンをクリック